広岡浅子の歩み

(数え年で記載)

浅子誕生

1849 嘉永2 浅子1

京都・出水三井家(後の小石川三井家)の六代目当主・三井高益の四女として生まれる〔一〇月一八日〕。

1850 嘉永3 浅子2

大坂の豪商・加島屋の次男・広岡信五郎と婚約。

1853 嘉永6 浅子5

1854 嘉永7 安政 浅子6

1858 安政5 浅子10

1860 安政7 万延 浅子12

1861 文久 浅子13

両親から読書禁止を言い渡される。

1862 文久2 浅子14

1863 文久3 浅子15

1864 文久4 元治 浅子16

加島屋に嫁ぐ

1865 慶応 浅子17

広岡信五郎と結婚〔四月三日〕。

浅子の姉・春は大坂の両替商・天王寺屋五兵衛家に嫁ぐ〔四月九日〕。

1866 慶応2 浅子18

1867 慶応3 浅子19

新撰組の近藤勇と土方歳三が、借金の申し入れのために加島屋本家を訪れる。

1868 慶応4 明治 浅子20

1869 明治2 浅子21

夫・信五郎の父で加島屋八代目当主であった広岡久右衛門正饒が死去。信五郎の弟・正秋が、加島屋当主(九代目広岡久右衛門)を継ぐ。

1871 明治4 浅子23

廃藩置県により諸藩からの利子収入が途絶え、加島屋が危機に直面(浅子が「借金の整理」「返済の猶予」「資金の回収」「融資の断り」など加島屋の立て直しに奔走)。

1872 明治5 浅子24

1873 明治6 浅子25

1875 明治8 浅子27

1876 明治9 浅子28

1877 明治10 浅子29

1878 明治11 浅子30

五代友厚が、大阪株式取引所(現・大阪取引所)、大阪商法会議所(現・大阪商工会議所)を設立。

1881 明治14 浅子33

1882 明治15 浅子34

夫・信五郎が大阪株式取引所(現・大阪取引所)の肝煎(理事、現在の取締役)に就く。

炭鉱経営

1884 明治17 浅子36

加島屋が石炭の販売代理権を獲得し、広炭商店を開業(社長は夫・信五郎)。炭鉱事業に進出。

1885 明治18 浅子37

1886 明治19 浅子38

加島屋が筑豊の潤野炭鉱を買収(名義は夫・信五郎)。

1888 明治21 浅子40

加島銀行を設立〔一月〕。信五郎の弟・広岡久右衛門正秋が頭取、夫・信五郎が相談役に就く。

1889 明治22 浅子41

夫・信五郎ら大坂の財界人と尼崎の財界人が共同出資して尼崎紡績(現・ユニチカ)を設立〔七月。初代社長は信五郎〕。

1890 明治23 浅子42

1892 明治25 浅子44

日本綿花(現・双日の前身)設立(発起人の一人に夫・信五郎)。

1893 明治26 浅子45

1894 明治27 浅子46

1895 明治28 浅子47

休鉱となっていた潤野炭鉱の再開発を開始。自ら炭鉱に赴き、ピストルを懐に鉱山に入り、鉱夫達と起居をともにして監督したと言われている。

女子教育と大同生命設立

1896 明治29 浅子48

成瀬仁蔵と出会い、女子高等教育の必要性を説く成瀬に大きく共感。女子大学校設立の支援を開始。

大隈重信・渋沢栄一・伊藤博文・西園寺公望ら、政財界の要人から女子大学校設立への協力を取り付ける。

1897 明治30 浅子49

潤野炭鉱が着炭に成功し、石炭の産出量が急増。

1898 明治31 浅子50

西園寺公望の側近であった中川小十郎が、成瀬仁蔵の紹介により、官僚を辞して広岡家の事業に参画。

1899 明治32 浅子51

潤野炭鉱を政府に売却。

加島屋が真宗生命の経営権を取得(夫・信五郎の弟・広岡久右衛門正秋が代表取締役社長に就く)。同年、「真宗生命」から「朝日生命(注:現在の朝日生命とは異なる)」に改称。

1900 明治33 浅子52

三井家より、東京・目白台の土地五千四百余坪が日本女子大学校に寄付される。

1901 明治34 浅子53

浅子の支援が実り、日本女子大学校(現・日本女子大学)開校〔四月二〇日〕。

1902 明治35 浅子54

朝日生命・護国生命・北海生命の三社が合併し、大同生命保険株式会社が創業〔七月一五日〕(初代社長は夫・信五郎の弟・広岡久右衛門正秋)。

事業引退後

1904 明治37 浅子56

夫・信五郎が亡くなる(享年六十四)。これを機に加島屋の事業を娘婿の広岡恵三(大同生命第二代社長)へ譲って経営の一線から退く。

1905 明治38 浅子57

1908 明治41 浅子60

朝日新聞の企画で行われた「名流碁譜(第六回)」で、女流囲碁棋士の第一人者・喜多文子と対局。

1909 明治42 浅子61

胸部の腫瘍摘出手術を受ける〔一月〕。

加島屋九代目当主・広岡久右衛門正秋が亡くなる(享年六十六)。

1911 明治44 浅子63

大阪教会にて宮川経輝より洗礼を受ける〔一二月〕。

1912 明治45 大正 浅子64

1914 大正3 浅子66

静岡県御殿場で夏期勉強会を主宰。以降、毎夏女性のための勉強会を開催。参加者は井上秀、小橋三四子、市川房枝、村岡花子など。

新聞『基督教世界』に「九転十起生」のペンネームで連載開始。

1918 大正7 浅子70

浅子の著書『一週一信』が出版。発行者は、浅子の薫陶を受け、婦人週報社を立ち上げた小橋三四子。

1919 大正8 浅子71

W.M.ヴォーリズが設計した東京・麻布の別邸にて亡くなる〔一月一四日。享年七十一〕。

日本女子大学校にて開催された浅子の追悼式では、列席者を代表して大隈重信が弔辞を述べる〔六月二八日〕。

ヴォーリズと一柳満喜子(広岡恵三の妹)が結婚。ヴォーリズが設計した明治学院のチャペルにて挙式〔六月三日〕。