加島屋の歴史

大同生命の源流〜広岡浅子と加島屋〜

大同生命の源流である加島屋は江戸時代経済の中心・大坂を代表する大商人であり、日本の経済史を語る上でも外せない存在です。朝ドラのヒロインのモデルである広岡浅子の活躍の舞台にもなった加島屋の歴史をご紹介します。

加島屋のルーツと発展

加島屋久右衛門は大坂では鴻池とならび称される豪商であった。当主・広岡家のルーツと大坂を代表する商家に成長するまでを追う。

加島屋のビジネスモデル

本章では豪商・加島屋が展開していたビジネスについて紹介する。「幕府との交渉」や、「加島屋の社会貢献」についても触れる。

加島屋と長州藩・新撰組

加島屋は激動の幕末を乗り越え明治維新を迎えた。「新撰組借用書」と「黄金茶碗」に象徴される、加島屋の幕末ドラマを読み解く。

広岡浅子は平成27年度後期連続テレビ小説「あさが来た」(NHK)のヒロインのモデルとなりました。

あわせて読みたい 広岡浅子の生涯

新着情報

大同生命SNS公式アカウント

大同生命をはじめ、加島屋や広岡浅子に関するさまざまな情報を発信しています。

ページトップへ戻る