広岡浅子の生涯

大同生命の源流〜広岡浅子と加島屋〜

大同生命創業者の一人であり、朝ドラのヒロインのモデルにもなった広岡浅子は実際にはどんな人物だったのでしょう。幕末の京都に生まれ、明治日本を駆け抜けた女性実業家の波瀾万丈の生涯をご紹介します。

浅子と激動の幕末・明治維新

広岡浅子は、幕末の京都、出水三井家に生まれ、17歳で大坂の豪商・加島屋に嫁ぐ。そして、苦境に真っ向から立ち向かっていく。

実業家・広岡浅子の奮闘

嫁ぎ先である加島屋の経営に参画し、立て直しに尽力した広岡浅子。彼女は決して諦めることはなかった。

広岡浅子は平成27年度後期連続テレビ小説「あさが来た」(NHK)のヒロインのモデルとなりました。

大同生命SNS公式アカウント

大同生命をはじめ、加島屋や広岡浅子に関するさまざまな情報を発信しています。

ページトップへ戻る